« 『壬生大念佛狂言』特別公演が
行われました
| トップページ | 旧嵯峨御所 大覚寺特別拝観 »

神様からの贈り物

1月10日、伊万里市役所より1通の手紙が届き、大変な驚きと感動を頂き直ぐにメール送信、お互いにメール交換を行い、2月1日に東京で26年ぶりの再会ができました。

Front                               

私は今年、還暦と作家活動30周年の節目を迎え、26年前に西武グループでの作品展の最中に「Yさん親子さま」と出会い、特別に創り上げた「豊泉鶴の振袖」を成人式に着用されたそうですが、その後仕事先を専門店に変更、Yさんには大変失礼でしたが忘れていました。
2月1日、PM7時に会い話もはずみ,あっと言う間に4時間が過ぎ、Yさんより「成人式の時より今の方が振袖は似合います。昨年、友人の結婚式に着用し褒められ、大好きで大事な家宝です。母に感謝しています」と聴き「成人式の時は振袖に着られ、Yさんの26年間の貴重な人生の積み重ねにより貴方の着物になったのです」と伝えました。
私が、常々お客様に必ず伝えることですが、「二代三代と母の温もりを娘へ孫へと伝えて下さい」と一筆ごとに、心を込めて創りあげた作品を大切に着て欲しいのです。10月に行います、ベネチア還暦作品展にお誘いを致しております。
「1枚の着物を通じての素晴しい出会いと感動を伝えたい」
私の還暦に神様より最高の贈り物を頂けるのではと楽しみにしております。
(豊泉作品は、30年前よりお客様との対話により一筆一筆、心を込めて創作致しています。
創り手と着る人との心により創りあげるのが豊泉の世界です。)

Back
(掲載写真はYさんより提供)

|

« 『壬生大念佛狂言』特別公演が
行われました
| トップページ | 旧嵯峨御所 大覚寺特別拝観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247305/50754725

この記事へのトラックバック一覧です: 神様からの贈り物:

« 『壬生大念佛狂言』特別公演が
行われました
| トップページ | 旧嵯峨御所 大覚寺特別拝観 »